ハードディスク、パソコン修理にサポートサービスを使う

物理的障害

pasocon

パソコンが壊れる原因として、物理的障害と論理的障害がある。
物理的障害というのは、ハードディスクやCPU、メモリ等の故障によりパソコンの動作が著しく遅い、もしくは気道しない状態を言う。
このような状態になった場合は、パソコン修理をするかパーツを買い換える必要がある。
自分で壊れているパーツを特定出来るのであれば、自分でパーツを購入して付け替えることによってパソコン修理が出来る。
しかし、この壊れてる箇所の特定というのが非常に難しいものであるため、基本的にはパソコン修理業者に委託した方が良い。

論理的障害

論理的障害というのは、システム的な要員で動作しない状況を指す。
基本的に、論理的障害の場合はハードディスクであることが多い。
ハードディスクがウイルス等の影響を受けてしまうことにより、うまく動作せずにパソコンが起動しないという状況である。
このような場合、原因が論理的障害であると特定出来るのであればフォーマット処理、つまり内部を初期化処理することによって戻る場合もある。
しかし、強力なウイルスの場合初期化しても残り続けるものもあるため、ウイルスを完全に処理することが重要となる。

周辺機器

syuuri

パソコン修理をする会社では、パソコンの本体以外についても対応してくれる場合が多い。
ディスプレイ、キーボード、マウス等パソコンを操作するためには周辺機器というのが非常に重要なものとなってくる。
そのため、このような周辺機器にも気を配らねばならない。
外見では正常に見えても、内部で故障していることもあるため見た目では判断出来ないこともある。
もしも持っているパソコンが複数台あるのならば、周辺機器を別のパソコンで試して何が悪いのがをチェックすることも出来る。


話題のサイト

windowsが起動しない時の対策方法|対策ガイド
パソコン修理を頼むなら業者選びから始めよう*パソコン修理110番

おすすめ記事